オリジナルTシャツを作るのにかかる値段はどれくらいか説明します

オリジナルTシャツの製作方法は大きく分けて、最初から自分で手作りするのと製作業者に依頼するという二つの方法があります。オリジナルTシャツの用途は人により様々ですが、使用頻度が高いなどの理由で機能性重視の上で製作することも少なくありません。そういった場合は業者に注文した方がより確かな出来映えを実現させる事が可能となります。制作費の内訳としては、生地を始め、印刷方法や使用インク費などを含めた印刷費が基本となっています。業者により、指定のオプションや割引などのサービスもあります。本体価格としては、一般的な半袖Tシャツが500円代から2000円弱で、スポーツウェアは600円代から2000円強が相場です。印刷費に関しては、一定の枚数で料金が変動してきます。注文枚数が多いほど単価を安く抑えられるプランもあります。例として一般的なTシャツで1色刷りを30枚注文すると4万円弱からが相場です。

機能性を兼ね備えたオリジナルTシャツの製作方法

機能性を踏まえたオリジナルTシャツをデザインする場合、まずは注文する製作業者を探し選ぶことが大切です。取り揃えている生地や服の種類はどの業者も同じように提供しているところがほとんどですが、所により細部の特徴や単価が異なるのはもちろんです。似たような性質であっても相違点をしっかり比較した方が、自分の求める機能性により近いものを製作する事ができます。生地の色から選べる事もあるので、デザイン案があればそれを見積りの際にアップロードし、プレビューを必ず確認しましょう。印刷方法やサイズ、色数と枚数も見積り時における必須項目です。本体のサイズは一般的に流通している規格だけでなく、特別大きいものや男女それぞれの体格に見合ったものも取り扱っている場合もあるので、着用者によってはそれらの注文が可能な業者を選ぶのも良いでしょう。

機能性を踏まえたデザインにする際のポイント

オリジナルTシャツ製作にあたり、抑えておくとより成功するポイントがいくつかあります。まずは生地選びの際、見本に必ず目を通しておくと良いです。着用する人が複数いる場合はなるべく全員で生地選びをした方がスムーズに製作を進められ、各々に合ったものを製作する事ができます。それは生地に限らず、デザインや印刷方法、カラーリング、サイズも然りです。更に印刷方法については、どのような仕上がりになるのかどんな印刷が適しているのかと、疑問点が多いと思われます。サポートセンターにてそのような質問を受け付け、アドバイスをしてくれる所を選ぶのも納得できるものを製作するポイントです。このように、オリジナルTシャツを使用する人と共に重要点を決めると、完成品を皆が気持ちよく長く着用できます。